1月の誕生石*ガーネット*

 

この記事では、1月の誕生石“ガーネット”の魅力や石の意味、歴史の一部をご紹介します。

 

鉱物学上のガーネット

 

天然石の中でも「ガーネット」はとても有名で、あまり天然石を知らない人でも、聞いたことがある名前の1つなのではないでしょうか。

 

しかし、「ガーネット」は、鉱物名ではなく「グループ名」。

ガーネットグループは、

主に赤色の「アルマンディン」や「パイロープ」「スペサルティン」と、

主に緑系の「ウバロバイト」「アンドラダイト」「グロッシュラー」に分かれます。

 

濃い赤、を思い浮かべることが多いガーネットですが、緑色の物もある、というのは驚きですよね。

ガーネットは、鉱物学上の区別以外にも、赤紫色の「ロードライトガーネット」や、太陽光と白熱光、それぞれで色が変化する、「カラーチェンジガーネット」など様々な名前で区別されています。

 

ガーネットの歴史

 

ガーネットは、古来から「神聖な石」とされ、時代や場所を超え、様々な言い伝えがあります。

 

ヘレニズム時代

中央アジアまで遠征したアレキサンダー大王が、インド産のガーネットを自国に持ち帰ったと言われています。

 

古代エジプト特別な彫刻を施したガーネットを、強力な守護関として崇め、ユダヤ教の司祭は、「真理を得る石」のしるしとして身に着けたといわれています。

 

中世ヨーロッパ

ガーネットの赤色が、「一族の血の結束」を表すとし、王家の紋章として尊いものとされました。

 

また、イギリスのビクトリア女王が、ドーム状に磨いたパイロープガーネットを愛用したのがきっかけで、ヨーロッパで大流行。

その模造品を作る為に発達したのが、「ボヘミアングラス」のカット技術と言われています。

 

 

ガーネットの石の意味

 

「実り」の象徴

目標に向かって積み上げてきた努力を実らせ、成功へ導いてくれると言われています。目標に向かって頑張る時、前向きに頑張るあなたをサポートしてくれる石ともされています。

 

一途な愛

古い伝承で、大切な人との別れの際、「再会」を誓い、ガーネットを贈りあったり、友情のしるしとされたりなど、大切な人との信頼を深める「絆」のしるしとされてきたガーネット。また、その深い赤から「情熱の石」ともされ、大切な人との愛情を深めてくれると信じられています。

 

結婚18周年の記念石

「これからも変わらぬ愛情であなたに尽くします」という意味を込めて、結婚18周年の記念石として贈られることも。

 

 

Atelier S.のガーネットのアクセサリー

 

Atelier S.では、上品で気品のあるガーネットのアクセサリーをご用意しています。

目標に向かって頑張る方へ。結婚18周年の贈り物に。

ギフトとして、自分へのご褒美に、選んでみてはいかがでしょうか。

 

〖FieRté〗Ring~Garnet~(※受注生産品)

 

 

 

〖&S.〗Petit~Cross~

 

 

 

〖&S.〗American~Triangle(Garnet)~

 

No.023 Title: ウルル/エアーズロック (Australia)

コメントは受け付けていません。

特集

シンプルで上品な天然石アクセサリー │ Atelier S. 【Atelier S.】は東京・自由が丘エリアに店舗を持つアクセサリーショップです。「&S.」「FieRté」をメインブランドに、天然石やマザーオブパール、ビーズを使った “シンプルだけど、どこか特別” なピアス・イヤリングを制作しています。金属アレルギーにも一部対応。恋人や、母の日のプレゼントとしてもおすすめです。

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢7-33-3 Vivi345 B

03-6881-4214

10:00~17:00
不定休
緊急事態宣言が明けるまで、予約営業を休止中です。